白髪染めは一度始めたら終わりがない?

40代に入ってから、ちらちらと前髪に白髪が目立ち始めました。でも、

目立つ白髪だけ引っこ抜いたり、根本から切ってみたりを続け、白髪染めを使わなくても数年は耐えていたのです。でも、40半ばになって、ふと髪を上げた瞬間に内側に大量にあった白髪にぎょっとしました。セミロングなので、家事をする時や、仕事の時などに邪魔になると、ささっと束めることがあったのですが・・・改めて、髪を束ねた自分の姿に唖然。こんなに白髪が目立っていただなんて。

急いで、市販の白髪染めを購入し染髪しました。http://www.aliancapelaescolha.org/

その後は、ほぼ毎月一白髪染めを使っています。美容院だとコストもかかるので、自宅で自分でしているのですが、製品によっては上手く染まらないことや一週間で色が落ちてしまうこともあり、日々、白髪染で奮闘しています。

しかし、白髪染めは一度使い始めると、毎月使用しないと生え際や後頭部、前髪に白髪が目立つようになり、、このまま一生使い続けることになるのかと憂鬱な気分になりますね。友人や知人に、同年齢ですが、潔くグレーヘアーになっている方がいますが、明らかに老けて見えるのと、娘に お母さんはああならないでね!と釘を刺されているので、染めないでいる勇気はありません。今後数十年、染め続けるのでしょうか・・・

ヘアカラーのヘナについて

白髪染めなどをする時に市販のヘアカラーを使っている方が多いと思います。市販の物は強い化学薬品を使っているものが多く、人によっては頭皮があれてしまう人がいます。

そんな方に“ヘナ”をお勧めします。悪い口コミは本当?ボタニカルエアカラーフォームの実力を辛口評価でお届けします!

 ヘナは市販で売られているヘアカラーと違い、穏やかな植物の色素で染める染料です。

ヘナのメリットですが、植物色素の為、頭皮があれることがありません。後は髪をコーティングする様に付着するので髪を傷めることがなく染めることが出来ます。さらに毛穴の洗浄効果や脂質、水分を整える効果、血行促進効果、天然のトリートメント効果があるので使い続けることで髪自体が健康的になります。この他にもメリットがあります。

 今度はデメリットですがヘナを髪に付着させた後放置しておくのに時間が掛かります。忙しい方には向いてないようですね。

あとは自分の好きなカラーに出来ません。植物性のヘナは元の髪に重なる様に染まります。茶髪にしたり、白髪を黒髪にすることは出来ないデメリットがあります。

デメリットがありますが最近では美容院などでも取り入れるほどの人気があります。人気の秘密はヘナを使うだけで毛穴が綺麗になったり、髪が健康になったりとメリットが大きく、化学薬品を使ってないので安心して使えることが人気となっています。ヘナを使うと頭皮の汚れが落ちてさっぱりします。一度試してみてはいかがですか。

白髪の生え方と染め時

 45を過ぎた頃から、鏡をのぞくと1本キラッと光るものが出てきました。その頃は白髪といっても完全ではなく、毛髪の真ん中辺りまでは黒くてその先がグレーがかった色だとか、真ん中までは白いけどその先は黒いという状態でした。なので軽く体調やストレスのせいにしていました。
ボタニカルエアカラーフォーム

 ところが、軽く考えていた日々は間もなく終わりました。とうとう白髪の完全型です。自分の老いを否定できないくらい本数が増え、小学生の子供にも白髪取りの応援を頼むほどになってきました。しかも不思議なのは、白髪は頭全体ではなく右半分だけなのです。

 現在も右半分だけに白髪が出ており、鏡を見るとキラキラと光る何本かの白髪があるのですが、パッと見たかんじはそこまで目立たない程度です。ただ子供に抜いてもらうと、確実に10本以上は取ってきます。

 このまま子供にも取ってもらわなければ、ブラックジャックのように半分だけ白っぽくなるのでしょうか。同年代の友人から、染めると白髪だけ浮くとか髪が傷むなど聞くと、ブラックジャックもオシャレかなと逃げの考えが浮かんできます。

 そのため、子供に取ってもらう白髪が30本を超えたらその時だと思うようにしました。