別々の道を歩くカニを見ると、目指す目標は一つでなくても良いと感じた。

カニは食材としての面で馴染みのある生き物です。
カニの種類はとても多く、大きさや姿形も異なっているので、意外に奥が深く面白い生き物でもあります。さらに、種類ごとによって住んでいる環境もバラバラで、カニという名前が付いていてもそれぞれ別の道を辿っています。

効果がでるまでの期間は?プラステンアップαの本音口コミをレポート!

まず、小さいものでは綺麗な川に住んでいるサワガニがいます。岩場の影などに隠れるのが上手で、そう簡単には姿を見せてくれない恥ずかしがり屋さんのカニです。
子供の頃に首から虫かごをぶら下げて、サワガニを捕まえに行った事があるという方も、いるのではないかと思います。

カニの中でも小さいサワガニとは反対に、大きいものでは海に住んでいるタカアシガニがいます。水深の深い所に住んでいるので、元気な姿を見るために会いに行けない事は残念です。そして、タカアシガニの真骨頂でもある、足を伸ばした時の大きさは実に3mを超えます。大人一人分ではとても足りない程の大きさは、横に並んでみた時に迫力が伝わってくると思います。

同じカニであっても、サワガニとタカアシガニのようにここまで大きさが違うと、まるで別の生き物に感じられます。選んだ道の違いによって、たどり着いた先が異なっていたとしても、その場所に馴染める事もまた、カニの凄い所だと思います。