カテゴリー: 口臭

口臭と口腔内環境との関係

口臭は、他の臓器の病気によるもの、ストレスなど精神的なものなどもありますが、一番多いのは口腔内環境によるものです。

http://tamaleguy206.com/

むし歯を放置したり、歯周病が進行していると独特な臭いがします。これらは歯科にかかって根本的な治療を行わないと口臭は改善しません。長く放置しているとどんどん臭いはきつくなっていくので早めの受診をおすすめします。

また、歯にプラーク(歯垢)が付着したままになっているとこちらも口臭の原因になります。特に付着しやすいのは歯肉近くや、歯と歯の間です。歯肉近くのプラークをきれいに落とすには、歯ブラシの先を歯と歯肉の間に入れる角度で(45度)当て、細かく動かすことが大切です。大きく動かしてしまうと歯の出っ張っているところにしかブラシが当たらず、プラークを落としきらないのと、歯ブラシで歯まで少しずつ削ってしまうことになり、結果的に知覚過敏に繋がることもあります。

歯と歯の間のプラークは歯ブラシだけでは落とし切れません。かなりしっかり歯磨きをしてもフロス(糸ようじ)を通すと想像以上にプラークが取れることがあります。使用したフロスの臭いを嗅いでみてください。それがプラークの臭い、そして口臭に繋がります。フロスはなかなか時間がかかるので定着しにくいかもしれませんが、できれば毎回フロスも取り入れてみてください。どうしても難しければ夜の歯磨きの時だけでもフロスをしましょう。

そして最後に舌のお掃除も大切です。ドラッグストアや歯科医院に舌ブラシが売っていますので、ぜひ使ってみて下さい。歯ブラシは舌ブラシよりも固めなので舌をこすってしまうと傷が付いてしまうことがあるのでお勧めはしませんが、もし歯ブラシを使うなら、表面を傷つけないよう優しく撫でるようにして下さい。

お口の中を清潔にして口臭を減らしていきましょう。

子供の口臭についての悩み

子供は現在小学2年生です。毎日、朝晩の歯磨きは仕上げ磨きを欠かさず、虫歯もありません。効果あり?ちゅらトゥースを購入した私の口コミ!白くならない?口コミ体験談を完全レポート!

定期的に歯科健診にも通い、歯石なども取り除いているにも関わらず、いつの頃からか、口臭が気になるようになりました。同じように磨いているのに下の子と明らかに顔を近づけた時の臭いが違うのです。子供から?

まさか?半信半疑で主人に尋ねると、同じように思っていたとの事。歯並びが悪く矯正も視野に入れている為、健診に行った際に、思い切って歯医者さんに相談してみることにしました。口臭の原因はさまざまあるらしく、歯の汚れの他にも寝ている時に口呼吸になっていたり、水分不足なども原因として考えられるそうです。

寝ている時の呼吸は特に口呼吸というわけでもない為、水分不足が原因かもしれません。その他、考えられることは舌にも原因があるのではないかとの事。

小さな頃から食べるのがとても遅いのと、食べこぼしが多いのです。口いっぱいに物を入れ、上手に噛む事ができません。なぜか、下の歯と唇の間に食べ物がたまるので、食べ方も汚らしく見えてしまいます。舌を使って食べ物を奥歯のほうに移動させる技術?を上手に使えず、飲み込むことができずにいたのです。舌を上手に使うことができないと唾液の分泌も悪くなります。

それも口臭の原因のようです。水分を多めにとること、「あいうべ」と口の体操をすること。舌ブラシを使い、舌の汚れをこまめに落とす事などをして現在も、子供の口臭の悩みと戦っています。

ずっと悩み続けた口臭がなくなった!

皆さんはご自身の口臭が気になられた経験はありませんか?

私は子供の時から自分の口臭が気になって仕方ありません。

きっかけは小学生の頃。友達数人と休日電車に乗って出かけた時のこと。

携帯の画面をみんなで覗きながらお話していたので、顔が近い状況でした。

私がしゃべっていると友人Aの顔色に異変が、、、それでも気にせず喋り続けたところ、痺れを切らしたのでしょう。

Aが突然、「口臭いからこっと近寄らないで!」と。

子供ながらに臭いと言われたことがとてもショックでした。

評判以上!ちゅらトゥースを使ってホワイトニングした私の口コミ!

その出来事からも大学生くらいまで、何か臭いがするよと友達に言われたことが何度かありました。

自分でもたまに口、臭うかも・・・?とハッとする瞬間がありました。

学生の頃は、朝の支度で時間がないと歯磨きを飛ばしてしまう習慣がありました。

においの強い物・甘い物を食べても磨かず外出してしまうことがしばしば。

その結果、歯肉炎を発症していました。しかも、鼻呼吸が苦手で口呼吸中心の生活だったので舌苔が付着してしまっていました。

それが口臭の主な原因ではないかと考え、歯科医に相談しました。

まず、歯がしっかり磨けていないことによる歯垢、歯肉炎の治療を行い、

歯みがきの度に歯茎から出血していた現象が嘘のようになくなりました。

歯肉炎を治療してからというもの、他者から口臭を指摘されることはなくなりました。

口内環境の悪化が原因のことも多いので、口臭が気になる方は一度歯科医に相談してみてはいかがでしょうか。

口臭のために出来ること

口の中は普段からしっかりと意識していないと臭くて仕方ないということになったりすることがあります。自分ではなかなか自覚できないことが多いわけですから、人に迷惑をかけたりするなんてこともあったりします。
http://www.khaosoi.jp/

そんなことがならないようにするためには、定期的なケアをするということを意識しておくということになるわけですがその際に考えるべきこととしてあるのが歯磨きでするなんといっても口臭対策で最も効果的なものというのが定期的に出来る歯磨きということになるでしょう。

歯磨き粉にこだわるとか歯ブラシをいろいろと注意するみたいなことをすることによって口臭というのは随分落とすことができるようになります。歯と歯の間を洗うためのブラシなんていうものも積極的に活用していくというのがお勧めできることになります。

そうすることによって、大分綺麗にできますし、きれいにするということは臭いの原因となるものを積極的に落としているということでもありますので、極めてメリットがあります。後は唾液をしっかりと出すようにということを意識することです。ガムなんかを噛んでいたりするとそこそこ意味があることになりますから覚えておくとよいでしょう。

口臭ケアはなかなか大変

口の中の臭いの原因は様々ですが大半は食べかすなどが原因であったりします。キチンと歯磨きをしていると思うことでしょうがそれでもなかなか磨け切れてない、ということはあったりします。特に歯垢なんかは自分で削るということが極めて難しいものではありますのでどうしても難しい場合は素直に歯医者に行くようにしましょう。歯医者にいけばそれなりに削ってもらうことができます。

ブレスマイルウォッシュの効果と口コミ評価!販売店での市販状況もレポート!

それとやめたほうがいいものとしてあるのがタバコです。口臭にとってタバコは最悪であると言えるでしょう。ですから、少しでも口の中の匂いというのに配慮したいと考えているのであればタバコはやめましょう。健康にも良くないということにはなりますので、やはり避けるべきことといえます。歯磨きは食べた後すぐにしない方がいいみたいなことを言われたりはしますが忘れるくらいであればすぐにした方が良いでしょう。

そうすることによって口の中のケアをしていくことができるようになります。そして、ここで注意したいのは一回きりではない、ということです。一回ではなく、毎日やることです。毎日意識してやることがとても大事なことになります。歯磨きなどもそうですし、口臭ケアのグッズを使うこともそうです。

歯が悪いときはそのにおいが出るのに気づいた

歯の調子が悪いと口臭などが気になることがありました。自身は歯並びがきれいという方ではなく、それが原因なのか、ある一本の歯がいつの間にか歯がぐらぐらするようになっていたのです。

キラハクレンズの効果は評判以上!私の口コミと体験談まとめ!

ある時、歯がぐらついていることに気が付いてびっくりし、慌てて歯医者さんに駆け付けたのですが歯の周りに炎症が生じておりそれが原因で雑菌が歯茎の中で増え、炎症を起こし、歯を支えている骨が吸収されてしまいそうなっていると言われました。

そして、元に戻せるかどうかを聞いてみたら、元には戻らないということでかなりショックを受けたのを覚えています。このままいくと歯を抜くしかないと言われ、抜歯だけは嫌だと思って歯医者さんに数年通い続けました。

1ヶ月2回受診するペースで治療をしてもらったのですが、だんだんと歯が原因の頭痛のようなものがあったり、いつも歯が痛い状態が続いたり、ちょっと甘いものを食べただけで歯が痛くなったりして、どうしようもなくなり、抜歯を自分から希望してしてもらいました。

実はこのような状態にはがなってしまった時、口臭が気になったのです。今振り返れば膿んでいる部分が顎の中にあるのですから膿のにおいがするのは当然です。しかし、当時は歯に原因があるのに全く気が付かずいろいろ悩んでいました。

口臭の原因は親知らず?

大人になった現在まで一度も虫歯になったことのない私の悩みは口臭。

虫歯=不衛生=口臭

http://local1521a.org/

と思っている私は、なぜ私が口臭に悩まされているのかまったくわからなかった。

毎日毎食後に歯磨きしているし、夜はデンタルフロスで綺麗に汚れを落としている。

歯医者の定期検査も半年に1度行っているので、歯は大丈夫だと思っていた。

もうあとは腸が腐っているしかなかった。

でもこの間の定期検査で、上の親知らずのせいで歯周病になりかけていることがわかった。

歯周病=不衛生=口臭

と思っている私は、これだと悟った。

しっかり歯を磨いていると思っていたけど、横向きに生えた親知らずは、太った頬にぴったりくっついていて、歯ブラシが

奥まで届いていなかった。だから、その奥の歯茎がモリモリと赤く膨れていたようだ。

血を抜いてもらって、綺麗に掃除したらそれだけで口臭がおさまった。

腸が腐るわけないじゃん、と思った。

すぐに抜いた方がいいですよーと言う先生の助言のもと、早速紹介状を書いてもらって総合病院で抜歯した。

もう驚く程歯磨きしやすくて、それ以来あまり口臭は気にならなくなった。

もし口臭に悩んでいる人がいたら、それは腸のせいではないと言いたい。

磨けていると思っていた歯が、磨けていないだけかもしれない。

親知らずは要注意。

加齢とともに気になる口臭

私は20代後半の女性です。同じく20代後半の旦那さんと結婚して1年になるのですが、付き合っていた頃から年々、旦那さんの口臭が気になるようになってきました。

特に、朝起きたばかりの時の口臭がひどいです。ブレスマイルウォッシュを辛口評価!効果や口コミ体験談まで完全レポート!

朝、目覚めたばかりの口の中は細菌が繁殖し、その菌の数は便器と同じくらいだそうです。

自分では口臭に気付いていないのか、臭い口で、まだ0歳の我が子に顔を寄せ話しかけるものですから、子どもが不憫でなりません。

かと言って「口が臭いよ」というのも、傷つけそうなので言えません。

何か、自分で口臭に気付いてもらう方法はないかなと日々考えています。

思えば、旦那さんは喫煙者で、コーヒーをよく飲みます。においのきついものばかり口にしているから、口臭がきつくなったのでしょうか。

歯磨きをするのは食後ではなく、出かける前と寝る前だと決めているそうです。

これらの要因が合わさって、旦那さんは口臭がひどくなっているのではないかと感じています。

しかし、明日は我が身。もしかしたら自分が気づいていないだけで、自分も口臭がきついかもしれません。

そういった思いがあるので、私は歯磨きのあとにリステリンをしたり、パソコン作業中にキシリトールガムを噛んだりしています。

何が口臭の予防になるのか、正しい知識はありませんが、口内環境に良いだろうと思うことを、今後も行っていこうと思います。